キャバ好き

就職してからよくキャバクラに行きます。会社にも女の子はいるのですが、下手なこといえないですし、なんかあったら派閥で攻撃してきたりしますし、セクハラだと言われてしまうと自分の出世の道が閉ざされてしまうので、女性とどういう会話をしたらいいのかどういう会話が嫌われないのかを考えながら喋るのがしんどいです。
ただでさえ仕事で疲れているのに何で会社で女性に気を使わなければならないんだ、と思いキャバクラに通っています。
私が普段いくキャバクラは、この繁華街では平均的な料金のお店です。

cocktail-585315_640

しかし個人的に、どのお店よりも可愛くて明るい子がそろっています。
会話にしても洗練されていますし、こちらの聞いたことにきちんと回答してくれる、ある程度は気を使いますが会社より女性に気を使わなくてよい空間です。

勿論上げ膳据え膳ですし、普段いく飲食店とは全然違います。
周りにいるサラリーマンもキャバクラでハメをはずして楽しそうにしています。
初めてキャバクラにいったときはドキドキして、会話もこれでいいのかどうか悩みました。

しかしきっちりと喋って自分の食べたいものや呑みたいものをオーダーして、キャバ嬢にも楽しい空間でいてもらいたい、と思い接しているとキャバ嬢も気持ちよく過ごしてくれますし、こういうトーク術もあるのかとキャバ嬢からテクニックを盗む機会もあります。

何でも経験しなければわからないものですね。
キャバクラに行くまでは、私のような男性は嫌われるかもしれない、トークがうまくないから大丈夫かな、と心配していたのですが、何度か通っていくと緊張感よりも火曜ことへの楽しさが分かってきて、早く週末にならないかな、と週末に期待して楽しみにしている自分がいます。